乳腺症.com(症状・原因・治療法)>乳がんのしこりとの違いは?

乳がんのしこりとの違いは?

「しこり」には様々な種類があります。
硬くて芯があるようなしこり
柔らかくて触ると動くしこり
ゴツゴツしたしこり
皮膚の表面が凸凹してしまうしこり・・・。

体のどこにしこりができても
気持ちのいいものではありませんが、
もし、乳房にしこりを見つけたら
思わず「乳がん」を連想して
不安になってしまうのではないでしょうか?
sponsored link


「しこり」はすべて乳がん?

乳房にしこりができる疾患。
さて、しこりときたら誰もがまず思い浮かべるのはやはり「乳がん」ですね。」

しかし乳房にできるしこりはすべて乳がんなのでしょうか?

実は乳房にしこりができたと病院を受診する方の約80%は、良性疾患なのです。
一番多く見られるのが「乳腺症」。
ホルモンバランスが崩れて、エストロゲンが過剰になってしまう事が原因です。

決して珍しくない疾患なのですが、
乳がんと区別することは医師でなければできません。

悪性腫瘍である乳がんのしこりと良性疾患である乳腺症のしこり。
この2つの大まかな特徴だけでも、知識として知っておいてもいいかもしれませんね。

乳腺症のしこり

・痛みを伴う
・しこりを掴むことは出来るが、指の腹などで触るとしこりを感じない

乳がんのしこり

・表面がゴツゴツしている
・しこりが動かない
・しこりとその周囲の皮膚の境界がはっきりしない

悪性かそうでないかは乳腺専門医に鑑別してもらいましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 乳腺症.com(症状・原因・治療法) Allrights reserved.